記事詳細

NEWS・加藤が直木賞候補に 受難の1年…最後に“朗報” 芥川賞候補には尾崎世界観

 長編小説『オルタネート』が第164回直木賞(日本文学振興会主催)の候補となったアイドルグループ、NEWSの加藤シゲアキ(33)。ジャニーズ事務所のタレントが同賞候補になるのは初。今年のNEWSはツアーの中止やコロナ感染、メンバーの脱退と受難の1年だったが、年の暮れに光明が差した。

 17日行われた会見でも「作家として憧れの賞。驚愕です」と興奮を隠さない。加藤は2012年に『ピンクとグレー』で小説家デビュー。アイドルと小説家という異例の“二足のわらじ”を続け『オルタネート』は3年ぶりの長編小説だった。

 NEWSは今年、コロナ禍でツアーが中止になっただけでなく、11月末には加藤自身と小山慶一郎(36)がコロナウイルスに感染。6月には手越祐也(33)が退社し解散の危機に直面するなど激動の1年だっただけに期待がかかる。

 芥川賞にはロックバンド、クリープハイプの尾崎世界観(36)が「母影(おもかげ)」で候補となった。

 選考会は来年1月20日午後、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれる。

関連ニュース