記事詳細

【永瀬白虎 アイドルSEXY列伝】芳本美代子がYouTube参入! 51歳の新たな挑戦にエール (1/2ページ)

 コロナ禍の影響もあってかYouTubeに参入するタレントが激増した1年でした。

 芸能界で人気を獲得したタレントならたやすく成功しそうですが、これがそれほど甘くはない。

 登録者数、再生回数がそこそこあってもプロのスタッフ(ディレクター、カメラマン、編集)を使う場合は経費的にペイできていないのでは、とも思います。

 継続して見ていればわかるのですが、チャンネルを開設したものの、登録者数も視聴回数も思うように増えない。すると更新回数が徐々に減り、いつしか更新停止。そのまま放置されたチャンネルが無数にあります。

 芸能媒体(テレビ、映画、各種雑誌)とYouTubeの世界はまったくの別物なのでしょう。

 まず、視聴者層がまったく違います。YouTubeは10~20代の若者が圧倒的に多く、30代以上の視聴者は極めて少ない。アダルト厳禁のYouTubeの世界では、セクシー女優陣も軒並み苦戦しています。

 ただ、なかにはもっと評価されてもいいのに、という芸能人チャンネルもございます。

 例えば1990年代を代表するグラドルであった山田まりあ様の『ムネまりチャンネル』。主に愛息むね君との日常がメインとなる内容で、元グラドル的なお色気要素は一切ありません。だとしても、更新頻度、動画数に比べ登録者数が少なすぎる。

 バラエティー番組黄金期に磨かれた、まりあ様のトーク力と明るさ、そして、現在40歳とは思えない美熟女ぶりだけでも必見です。

関連ニュース