記事詳細

【宝田もなみ バイブスあがってる?】ドキドキ…本物らしいと噂の占い師のもとへ 宇宙規模の質問で醍醐味を実感 (1/2ページ)

 薄々気づいてはいたのだけれど、私はたぶん占い中毒だ。ちょっと空き時間があったり気になることがあると占いに行きがちだし、占いサイトやアプリを夜な夜な見て気づけばうっかり課金していたりする。生年月日と名前だけで結婚相手の顔や運命の相手や人生の善し悪しなんてわかるわけがないのに。しかしクリスマスに一緒に過ごす相手もいないと、馬鹿げた占いにでも頼りたくなってしまうのが人間なのだ。

 つい先日も占いに行きたい欲が高まってソワソワしてしまい、どうやら本物らしいと噂の占い師を予約して占いに行ってきた。占いが好きな人ならわかると思うのだけれど、占い師選びというのはかなり重要だ。私の場合、合わない占い師に見てもらうとその帰り道くらいから具合が悪くなったり落ち込んだりしてしまう。理由はわからないけれど、何か良くないエネルギーを受け取ってしまうのだと思う。あとは単純に何も当たらなくて、能力がないなあという人もいる。何度かそういった経験があるので、今回は慎重に自分に合いそうな人を選んだ。それでも行ってみないことには本当に自分に合うのかわからないので占いに行く前は少しドキドキする。

 折角行くならと、今回は60分14000円で総合的に見てくれるというコースを選んだ。さすがに本物というだけあって、決して安くはない値段だ。なんとなく1人だと不安だったので友達に同席してもらい色々みてもらったのだが、ここでひとつ問題がある。私は占いが好きなわりに、たいして悩み事がないのだ。仕事や恋愛や将来のことを漠然と聞いたりしたけれど、本気で悩んでいることがないので質問がふわふわしてしまい占い師さんを若干困らせてしまった。人は普通、悩み事がある時に占いに行くらしい。