記事詳細

「2代目ミス夕刊フジ子」グランプリ・石原寛子 たくさんの“愛”ある言葉に感謝「もっともっと飛躍して皆さまに恩返しを」

 ネット配信サービスのマシェバラで開催された、夕刊フジの“顔”となる「2代目ミス夕刊フジ子」を決める選考オーディション。予選開始から約3カ月間にわたる激戦を制して、石原寛子クンがグランプリに輝いた。準グランプリは只埜なつみクン、特別賞には未梨一花クンが選ばれ、それぞれ東映賞とダブル受賞。ミス夕刊フジ子としてやる気マンマンの彼女たちが、受賞の喜びとさらなる飛躍に向けて意気込みを語った。

 選考オーディションは、ライブ配信、撮影会、東映オーディションといったシーンを通じて、ファン投票型で行われた。予選には前回の19人を上回る30人の個性豊かな女性陣が参戦。12人が進出した決勝ラウンドでは、各カテゴリーで順位が激しく入れ替わるデッドヒートが続いた。

 各受賞者は夕刊フジ紙面とウェブサイト「zakzak」を中心に1年間、ミス夕刊フジ子として活動していく。東映賞を受賞した只埜クンと未梨クンは、2021年に配信される東映製作の映像作品に出演するぞ。

 彼女たちの活躍に、ぜひご注目ください。

 ◆グランプリ・石原寛子

 グランプリを受賞させていただき、とてもうれしいです。

 最初は何もかも分からない状態でのスタートでした。初めての撮影会、公開オーディション、公式配信に戸惑いながらも、それがいつの間にか「グランプリをとりたい」と大きな目標に向かって進んでいました。

 私にそう思わせてくれたのは、応援してくれた皆さまです。私にかけてくれた「熱い思い」、たくさんの「時間」、どんなときも支えてくれた愛のある「言葉」。皆さまから頂いた全てのことが、絶対に忘れることのない大切な記憶となりました。本当にありがとうございました。

 来年からは、もっともっと飛躍して、皆さまに恩返しをしていきたいです。私のために一丸となって戦ってくれたみなさんの存在は、永久に不滅です!!

 最後に一言。「やっぱり最後は力技 だって寛子だもの。ひろを」(相田みつを風に)

 ■石原寛子(いしはら・ひろこ) 1992年3月15日生まれ、28歳。身長157センチ、B89・W59・H93。

関連ニュース