記事詳細

「2代目ミス夕刊フジ子」特別賞&東映賞・未梨一花 2021年はグラドルとして飛躍「全ての皆さまに心から感謝」

 ネット配信サービスのマシェバラで開催された、夕刊フジの“顔”となる「2代目ミス夕刊フジ子」を決める選考オーディション。予選開始から約3カ月間にわたる激戦を制して、石原寛子クンがグランプリに輝いた。準グランプリは只埜なつみクン、特別賞には未梨一花クンが選ばれ、それぞれ東映賞とダブル受賞。ミス夕刊フジ子としてやる気マンマンの彼女たちが、受賞の喜びとさらなる飛躍に向けて意気込みを語った。

 選考オーディションは、ライブ配信、撮影会、東映オーディションといったシーンを通じて、ファン投票型で行われた。予選には前回の19人を上回る30人の個性豊かな女性陣が参戦。12人が進出した決勝ラウンドでは、各カテゴリーで順位が激しく入れ替わるデッドヒートが続いた。

 各受賞者は夕刊フジ紙面とウェブサイト「zakzak」を中心に1年間、ミス夕刊フジ子として活動していく。東映賞を受賞した只埜クンと未梨クンは、2021年に配信される東映製作の映像作品に出演するぞ。

 彼女たちの活躍に、ぜひご注目ください。

 ◆特別賞&東映賞・未梨一花

 オーディション開始から約3カ月間、本当にたくさんの方が支えてくださり、今回このような賞を受賞することができました。配信や撮影会ではもちろん、SNSを通しても声援を送り続けてくださった全ての皆さまに心から感謝しています。本当にありがとうございました。

 期間中はグラビアのお仕事や、ほかのイベントとの両立でとにかく時間に追われる毎日だったので、今は終わってホッとしているというのが正直な気持ちです。

 決して簡単な道のりではなかったし、全てを投げ出したくなるほど辛い時もありました。それでも最後まで諦めずにやり遂げることができたのは、一番近くで見守ってくれた家族や友人、そして優しい心で応援してくださったファンの皆さまの存在があったからです。皆さまが託してくださった思いをしっかりと結果に残すことができて、本当にうれしく思います。

 2021年はグラビアアイドルとしての躍進と、2代目ミス夕刊フジ子としての新たな活躍にご期待ください!

 ■未梨一花(みり・いちか) 1999年2月24日生まれ、21歳。身長163センチ、B96(Hカップ)・W63・H95。

関連ニュース