記事詳細

【大鶴義丹 それってOUTだぜ!】演劇もスポーツも音楽も満席の雰囲気が「調味料」 コロナで感じた社会の脆弱さ (3/3ページ)

 もしこの先、10年後に再びさらなる感染症が蔓延(まんえん)して世界が混乱し、その5年後に世界規模の戦争が起きると分かっていたなら、まじめに社会に従属する必要があるであろうか。

 そんな悲惨な未来予想を、ハリウッド映画の見過ぎだと笑えなくなっている。気候変動から再び未知の感染症が生まれ、そこから起きた経済的な混乱が米中に戦火を呼ぶことは近未来SF映画ではなく、明日のニュースコンテンツだ。

 ■大鶴義丹(おおつる・ぎたん) 1968年4月24日、東京都出身。俳優、小説家、映画監督。88年、映画「首都高速トライアル」で俳優デビュー。90年には「スプラッシュ」で第14回すばる文学賞を受賞し小説家デビュー。主な出演番組は「アウト×デラックス」(フジテレビ系)など。

関連ニュース