記事詳細

麒麟・川島、激戦区の朝番組に投入か 3月終了「グッとラック!」後番組のMC候補に、うかがえる信頼度の高さ (1/2ページ)

 3月で終了することになった『グッとラック!』(TBS系)の後番組のMCの名前に挙がったのがお笑いコンビ、麒麟の川島明(41)だ。もともと激戦区の朝8時台のワイドショーは今春大幅リニューアルされる番組が多く、さらに熾烈(しれつ)な戦いが予想される。そこに投入されるだけあって、業界内での川島への信頼度の高さがうかがわれる。

 新番組はこれまでのワイドショー路線をやめ、生活情報に特化。ロケ企画やランキング企画など衣食住にまつわる情報を紹介していくという。

 制作はワイドショーを手掛けてきた情報制作局から、バラエティーなどを担当するコンテンツ制作局に変わるといい、バラエティー色の強い番組で他局との差別化を狙うとみられている。

 そこに投入されるのが川島だ。最近はコンビとしてより、ピンでの仕事が際立っている。2019年のNHK連続テレビ小説『なつぞら』にも役者として出演し、ヒロインを支える存在を好演したことで注目された。

 「『グッとラック!』では立川志らく(57)の毒っ気を求めたが、思うほど視聴者に刺さらなかった。新番組で川島を起用するということは、NHKが『あさイチ』のMCに博多華丸・大吉を起用したのと同じ考え方で、主婦層へのアピールといえるでしょう。川島は、博多大吉(49)と並んで“上品”といわれる芸人ですから」とは演芸関係者の弁。

関連ニュース