記事詳細

【シネマパラダイス】映画に人生をささげた女性に訪れた新たな恋の予感「チャンシルさんには福が多いね」

 長年、ホン・サンス監督のプロデューサーとして活動してきたキム・チョヒが初めてメガホンを取ったじんわりと心が温まるオリジナル作。

 ずっと支えてきた映画監督が、打ち上げの宴会中に急死し、映画プロデューサーの職を失ってしまった、アラフォー女子のチャンシル(カン・マルグム)。人生のすべてを映画にささげてきた彼女は、彼氏も家も子供もなく、青春もモテ期も、キラキラしたことを経験してこなかったことに気づく。そんな八方塞がりのチャンシルに、新たな恋の予感が!

 ド派手エピソードや衝撃的な展開は起きないが、だからこそ共感ポイントは多い。8日公開。上映時間1時間36分。

 【ホンネ】人生後半のキャリアプランを考える際に沸き起こるアルアルの悩みを、悲観的になりすぎず、日常感満載で描いていく。自分を見つめ直すのは、時につらい作業なのだと痛感。 ★★★★(映画評論家・安保有希子)

★5つで満点、☆=星半分

関連ニュース