記事詳細

綿引勝彦さん壮絶がん死 本人希望で公表せず…闘病3年、75歳で力尽く

 昨年12月30日、膵臓(すいぞう)がんのため75歳で死去していたことが明らかになった俳優、綿引勝彦さん。TBS系ドラマ『天までとどけ』シリーズでコワモテぶりから一転、頼もしくも優しい父親役を演じ、お茶の間でも親しまれた名優。誰にも明かさず足かけ3年闘病し、人知れず旅立っていた。

 綿引さんは2018年8月に膵臓内の嚢胞を取り除く手術を受けた際、進行性のがん細胞が見つかった。19年12月には肺に転移し昨年2月から本格的な化学療法を開始。

 綿引さんの希望で公表はせず、厳しい副作用に耐えながらの治療を続けたが寛解には至らず、昨年11月に治療を中止。その後は女優で妻の樫山文枝(79)のサポートを受けながら自宅で療養していた。

 しかし同12月25日に容体が悪化して再入院。樫山と関係者に見守られ、眠りについたまま、最期を迎えたという。

 文書でコメントした樫山によると、晩年は自宅の信州の山小屋で息抜きしながら花を植えたり、将棋を指したりしていた綿引さん。夢うつつながら「投了すると伝えてくれ」とつぶやいたこともあったという。「この一年はふたりで寄り添えたのが幸せでした」と樫山はつづっている。

 『天までとどけ』では、母親役の岡江久美子さんも昨年4月、新型コロナウイルスによる肺炎のため63歳で死去しており相次ぐ悲報となった。

関連ニュース