記事詳細

これでも『コロナはただの風邪』なのか 復帰した松村邦洋が語る闘病記 「もう少し遅かったら……」 (1/2ページ)

 医者でもない人の決め付けを信じるのはやめよう

 お笑いタレントの松村邦洋さんが12日、自身のYouTubeチャンネルを更新。新型コロナウイルス感染発覚の経緯や病状について語り、視聴者から「やはり怖いですね。とにかく無事でよかった」「今だに“コロナはただの風邪”と言う人がいるのが信じられない」といった声が寄せられていました。

 参考記事:若い女性がうじゃうじゃいた!? コロナ感染で宿泊療養していた男性が語る“誰も知らない”14日間 | TABLO

 昨年12月、新型コロナウイルスに感染していることが明らかとなった松村さん。26日の朝に発熱の症状があり、28日に唾液のPCR検査、29日に鼻の粘膜のPCR検査をしたところ、そのどちらでも陽性という結果が出たといいます。

 30日頃から咳と痰が増え、呼吸が苦しくなり、以前マラソン中に倒れたこともあったことから、1月1日には保健所の方から『入院しましょう』という指示が。入院後の診察で、肺炎になっていることが明らかとなり、『もうちょっとで遅かったです、危なかったです』と告げられるような状況だったといいます。

 医師からは『発症から7日目、早くて6日目に発作のような症状が出ることがあります』『6~8日目くらいに症状が出ますので、それがなかったら大丈夫です。それがある人は重症、なければ軽症であることが多いです』と説明されたそうで、幸いにも松村さんはそういった症状がなく、重症化は避けられたとのこと。

TABLO

関連ニュース