記事詳細

主演・深川麻衣に“笑顔禁止令” 29日公開『おもいで写眞』

 映画『おもいで写眞』(29日公開、熊沢尚人監督)の完成報告イベントが東京都内で開かれ、俳優の深川麻衣(29)、高良健吾(33)、香里奈(36)らが登場した。

 夢破れて東京から富山に帰ってきた結子(深川)が、お年寄りの思い出の場所で写真を撮る仕事をしながら、成長していく姿を描いた物語。

 結子はうそが大嫌いで融通が利かない性格のため、熊沢監督は「深川さんに『笑顔禁止。笑っちゃ駄目だよ』と何十回も言った」と明かした。深川は「撮影中、怒りの感情にたくさん向き合った。1回で演出に応えられない自分にいら立ったこともあった」と振り返った。

 熊沢監督によると、お年寄りたちが生前に遺影を撮ることを「縁起でもない」と嫌がるため、遺影には集合写真を引き伸ばしてピンぼけしたものが多いと知り、作品の着想を得た。

 祖父を3年ほど前に亡くしたという高良は「遺影を見て、家族の中で『もっといい写真を撮っておけば良かったね』という会話があった」と語り、香里奈も「祖母の遺影を見るたびに、ピンぼけしてるなと思っていた」とうなずいた。

関連ニュース