記事詳細

芸能界“ネットフリックス詣で”急加速 土屋太鳳や米倉涼子らも出演続々 魅力的な「世界」配信と高額ギャラ (1/2ページ)

 コロナ禍が収束しない中、テレビ各局も番組の製作費や出演者のギャラが抑えられ、大御所タレントの“リストラ”も取り沙汰される昨今。芸能界のトレンドと化している動きがあるという。

 「少し前には山田孝之さん主演で伝説のAV監督の村西とおるさんを題材にした『全裸監督』シリーズが話題になったり、活動休止前の『嵐』に密着したオリジナルドキュメンタリーを配信したりと、今やエンタメ業界で『Netflix(ネットフリックス)』は、民放キー局にも負けない存在感を放っています。実際、最近は“ネフリ詣で”に力を入れている芸能事務所も増えていますからね」

 こう語るのはある芸能事務所のマネジャーだ。

 ネットフリックスといえば、米国の大手動画配信サービスで日本では2015年9月からサービスを開始。当初からフジテレビとの共同製作で人気番組『テラスハウス』を配信したり、吉本興業とタッグを組んで芥川賞を受賞したお笑いコンビ「ピース」の又吉直樹の人気小説『火花』を映像化して注目された。

 その後も話題性の高いコンテンツの配信に注力し、昨夏には日本国内の有料会員数が500万人を突破している。

 そんな中、昨年12月からは人気漫画を原作として俳優、山崎賢人(26)と女優、土屋太鳳(25)がW主演を務めるオリジナルシリーズ『今際の国のアリス』を配信している。

 さらに今年は19年に公開された映画版がヒットした『新聞記者』のオリジナルシリーズを女優、米倉涼子(45)主演で配信することが決定しているほか、最近になって篠原涼子(47)主演による人気漫画を原作としたオリジナルシリーズ『金魚妻』を配信することも発表された。

関連ニュース