記事詳細

【元文春エース記者 竜太郎が見た!】カリスマユーチューバー“鬼畜”の所業 公序良俗に反しても…売れれば勝ちの世界 (1/2ページ)

 既存の芸能界を凌駕(りょうが)する勢いのユーチューバー。フワちゃんなど、若者に人気の彼らをテレビやCMがこぞって使い、新たなスターが続々と生まれているが、「YouTubeの収益で億単位の収入を得て、勘違いしているバカな連中も多い。それをかっこいいとなびくのがいまの世の中」(民放プロデューサー)。

 Kポップスターのようなルックスで人気のユーチューバー、ワタナベマホト(28)は、一時はYouTube登録者数237万人を誇ったカリスマだ。今年1月21日、元欅坂46のメンバーで女優の今泉佑唯(22)との“授かり婚”を発表したばかり。

 昨年初め、今泉と同じ元欅坂の志田愛佳(22)の紹介で知り合い交際を始め、今泉は現在妊娠5カ月で6月に出産予定だという。

 その直後、慶事に水を差す、夫のワタナベにスキャンダルが。15歳の少女にわいせつな写真を送るように要求したことが発覚したのだ。ワタナベは、ヒカキンら人気ユーチューバーを抱える大手事務所UUUMに所属していたが、即座に契約解除となった。

 悪ノリがウリのワタナベのSNS活動。昨年11月、彼の熱心なファンだった15歳の少女A子さんはセロハンテープを胸に巻いた写真を送り、そこからSNS機能を使った直接のやりとりがスタート。あたかも信者と神のような関係で“調教”と相成った。