記事詳細

ゆきぽよ、親密だった男性逮捕で“逆風” ド迫力ボディーの謝罪企画めぐり出版業界で争奪戦勃発か (1/2ページ)

 人気タレント、ゆきぽよこと木村有希(24)が逆風にさらされている。

 かつて親密だった男性が昨年5月、自宅でコカインを使用したとして逮捕され、自身も強制捜査を受けたと発売中の『週刊文春』に報じられた件で、謝罪に追い込まれたのだ。ゆきぽよ自身は巻き込まれただけとはいえ、さすがにスルーはできなかったようだ。

 ゆきぽよは、所属事務所の公式サイトにコメントを発表。「これまでの人間関係や過去の言動により多くの方々に、ご迷惑、ご心配をかけてしまったことを深く反省しています」と謝罪したうえで、「過去の未熟な自分を見つめ直し、責任ある社会人となるよう日々頑張っていきたい」とつづっている。自身のSNSや24日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)でも謝罪した。

 「テレビ各局は様子をみていましたが、コンプライアンスが厳しい昨今、このままゆきぽよ側が謝罪などのアクションを起こさなければ、今後のキャスティングに影響する可能性がありました。さすがに見て見ぬふりはできない。スポンサーはそこまで甘くありませんから」と民放関係者は声を潜める。

 自由奔放なギャルキャラのゆきぽよだが、今回の報道を受けて、バラエティー番組での過去の発言が蒸し返されている。

 2019年、『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ系)に出演したゆきぽよは「今まで彼氏5人付き合って、5人中4人が逮捕されちゃって…」と告白していた。

関連ニュース