記事詳細

【永瀬白虎 アイドルSEXY列伝】遠藤由美子 八重歯フェチを魅了した“小動物系” ドラマ『抱きしめたい!』に端役で出演していた幻のアイドル女優 (1/2ページ)

 俳優、石田純一氏が67歳の誕生日である1月14日にYouTubeチャンネル『じゅんちゃんねる』を開設。初回、2回目ともに低評価先行のスタートで、すぐさま有名俳優ながら登録者数が少ないことをネットニュースが取り上げました。

 その数日後には、狙ったように『週刊新潮』に大人数焼肉会食報道が…。即日、生配信で詳細を語り謝罪。しかし、辛辣(しんらつ)な意見が爆裂。老眼鏡をかけずに目を細めてコメントを見る姿に、なにか67歳男性の物悲しさも感じたのです。

 今後、どういう内容でいくのでしょう? 俳優さんにありがちですが、話が長く、くどい。今後は何をやっても、何を語っても低評価先行でしょうし、登録者も現在はアンチが多いはず。

 後輩へのペットボトル投げつけ騒動で炎上し事務所まで退所したTKOの木下隆行氏に続く“炎上王”となりえる。これまで投稿した全動画が低評価先行という木下氏。もはや開き直っている感もアリ。

 このレベルまで俳優である石田氏は開き直れるのでしょうか?

 石田氏といえば、1980年代末にはトレンディー俳優と呼ばれた存在です。

 出世作といわれるのが88年のドラマ『抱きしめたい!』(フジテレビ系)。いわゆるW浅野で大ヒットしたトレンディードラマの走り。もちろんW浅野様もいいのですが、ワタクシのお目当ては、端役で出演していた幻のアイドル女優、遠藤由美子様でした。

関連ニュース