記事詳細

【元文春エース記者 竜太郎が見た!】触らぬ神に祟りなし…ゆきぽよの危うさ 「真相」知れば知るほど周囲は憂慮 (2/2ページ)

 Xは犯罪でだまし取った大金で遊興し、「派手にお金を使うオラオラ系。仲間の面倒見がよかった」(X氏の知人)という。かねてからヤンチャ好きを公言し、「いままで彼氏5人と付き合って、5人中4人が逮捕された」「彼氏とは拘置所で面会デートした」とテレビで語っていたゆきぽよ。これまではそれを誇張したネタだと世間は笑ってすませていたが、さすがにシャレにならない。

 また致命傷になりかねないのは、一昨年のコカイン事件を所属事務所に報告しなかったこと。こんな大事なことを隠していて、いまさら、ゆきぽよの言い分をすべて信じるとはならないだろう。

 「好意的関係の『サンジャポ』に出演して謝罪しましたが、その選択も反感を買った。事務所はニュースを扱ったメディアに抗議をしていますが、メディアと敵対関係を作るのはむしろ逆効果でしょうね」(スポーツ紙デスク)

 そして、もしX氏が真相をぶちまけたらどうなるのか。憂慮を覚えるのである。

 ■中村竜太郎(なかむら・りゅうたろう) ジャーナリスト。1964年1月19日生まれ。大学卒業後、会社員を経て、95年から文藝春秋『週刊文春』編集部で勤務。NHKプロデューサーの巨額横領事件やASKAの薬物疑惑など数多くのスクープを飛ばし、「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」の大賞受賞は3回と歴代最多。2014年末に独立。16年に著書『スクープ! 週刊文春エース記者の取材メモ』(文藝春秋)を出版。

関連ニュース