記事詳細

【永瀬白虎 アイドルSEXY列伝】三原じゅん子 ひそかな憧れの対象だった元祖不良少女、国会中継でも凛としたツッパリ感アリ (1/2ページ)

 先日はゆきぽよこと木村有希様の謝罪騒動が。合鍵を持つ友人男性が自宅でコカインを吸引し倒れ逮捕。さらに自宅は家宅捜査され、自身も薬物検査を受けたそう。

 本人は“シロ”ながら、友人男性は過去にも刑事事件を起こした人物らしく、ご時世的にグレーな交際とされてしまうでしょう。ギャル系タレントとして頭角を現していただけに、たいへん残念。

 個人的には、ゆきぽよ様だけでなく、みちょぱ(池田美優)様、にこるん(藤田ニコル)様ら、いわゆるギャル系と呼ばれるタレントをほほえましく見てしまいます。

 派手な容姿ながら、丁寧な口調、礼儀、あいさつなどが少しでもできると、“いいね感”が一層強くなる。

 毎年、芸能界には必ず新たなギャルキャラが出てきます。アンチも多い半面、世の中は彼女たちのトッポさ、自由さ、不良感に魅力を感じているのでは、とも思います。

 これは住んでいたエリア、世代にもよると思うのですが、ちょっと不良っぽい先輩女子への憧れがございました。

 不良っぽい=大人びたという感覚かもしれません。まじめな純情青年だったゆえに、真逆の世界への興味も強かったのでしょう。

関連ニュース