記事詳細

NHK大河、松本潤主演フライング発表でワリを食った次作主演の吉沢亮 (1/2ページ)

 次の次の、さらに次!? 1月19日、NHK大河ドラマ『どうする家康』(2023年放送)の主演が松本潤と発表されると、そう困惑した人もいただろう。

 現在放送中の『麒麟がくる』の次は、吉沢亮主演の『青天を衝け』。その次の2022年には小栗旬主演の『鎌倉殿の13人』が控えている。今回発表されたのは、その次の大河なのだ。

 「あまりに先の作品なので、私も順番がこんがらがってしまいました」

 そう苦笑するのは、ドラマ評論家の田幸和歌子氏だ。

 大河ドラマの主演発表は、ほとんどが放送スタートの1年前に行なわれてきた。しかしここ10年ほどは、1年半ほど前に「次の次の大河」を発表するのがスタンダードとなった。

 「昨年1月に『鎌倉殿の13人』の小栗が発表された時は放送の2年前で、沢尻エリカの不祥事で『麒麟』の放送開始も遅れていたため、例年よりタイミングが早いと話題になりました。NHKは正式発表の前に(主演俳優を)マスコミに抜かれるのを避けたくて早めたようです」(スポーツ紙記者)

NEWSポストセブン

関連ニュース