記事詳細

紅白司会トリオ今年も継続か 異例ずくめも平均視聴率40%超、演出面に負けず劣らずの高評価 (2/2ページ)

 そうした演出面に負けず劣らず、改めて高い評価を受けたのが総合司会を務めたお笑いコンビ、ウッチャンナンチャンの内村光良(56)だ。

 「内村さんの出しゃばり過ぎない司会ぶりは評価が高く、結果4年連続での大役となったわけですが、昨年の立ち回りも予想以上に視聴者からのウケがよく、ウチの上層部も改めてその存在の大きさを感じたようです」とNHK関係者は語る。

 その上でこう続ける。

 「上層部は当初、『紅白』の総合司会は昨年いっぱいで内村さんには勇退してもらい、後任として昨年『白組』司会を務めた大泉洋さんを想定していたんです。ところが、内村さんの評判があまりにも良いことから、5連投も浮上しているんです」

 もっとも、大泉についても評判は悪くなく、内村の後任の有力候補であることは変わりないとか。さらにはこんな話も…。

 「実は『紅組』の司会を担当した二階堂ふみさんに対する上層部の評価も高くて。『どうせなら、3人とも続投でいいんじゃないか』という意見も出ているみたいです」(同関係者)

 異例ずくめとなったコロナ禍の「紅白」を彩った3人。ちょっと気が早いが、再び大みそかのステージで顔を合わせることになるか。

関連ニュース