記事詳細

キネマ旬報2020年映画を発表 日本映画では「スパイの妻」が1位

 キネマ旬報社がこのほど、昨年公開された日本映画と外国映画の1位と個人賞を発表した。日本映画1位は『スパイの妻』で、表彰式に登壇した黒沢清監督はスタッフの名前を挙げ、「皆さんの努力と才能がこういう形で評価されました」と感謝の言葉を述べた。外国映画1位は韓国の『パラサイト 半地下の家族』(ポン・ジュノ監督)。

 2~10位は発売中のキネマ旬報特別号にも掲載されている。他の主な賞は次の通り(敬称略)。

 監督賞=大林宣彦(『海辺の映画館 キネマの玉手箱』)▽脚本賞=浜口竜介、野原位、黒沢清(『スパイの妻』)▽主演女優賞=水川あさみ(『喜劇 愛妻物語』など)▽主演男優賞=森山未来(『アンダードッグ』)▽助演女優賞=蒔田彩珠(『朝が来る』)▽助演男優賞=宇野祥平(『罪の声』など)▽新人女優賞=モトーラ世理奈(『風の電話』など)▽新人男優賞=奥平大兼(『MOTHER マザー』)▽特別賞=野上照代▽文化映画1位=『なぜ君は総理大臣になれないのか』