記事詳細

高級マンションにお引越しの出川哲朗 結婚17年“謎の妻”との関係 (2/3ページ)

 仕事は順風満帆な出川だが、私生活は謎めいている。2004年、14才年下で元レースクイーンの瑠理子さん(42才)と結婚。“美女と野獣婚”と揶揄されたが、間もなく美女は“鬼嫁”に豹変した。

 「出川さんは毎朝、瑠理子さんに『死ね死ね死ね』という歌で起こされ、風呂場には『くそ哲殺す』という呪いの言葉が書き殴られていたそうです。結婚から2年後には『妻とはセックスレス』と自虐的に言っていました」(芸能関係者)

 結婚17年目のベテラン夫婦だが、2ショットの目撃談はほとんどなし。そして出てきたのが別居説である。

 「新婚当初から、いわゆる“芸能人マンション”に住んでいて、賃貸契約で最も長く住んでいたのが出川さん夫婦。でも、ここ数年は夫婦で外出することもほとんどなく、別居や『実は離婚している』なんて声も出ていました」(前出・芸能関係者)

 ついにこの年末、愛の巣を引き払い、新居へと引っ越した。どんな心変わりがあったのか。冒頭の通り直撃すると、“愛人”というキワドイ単語を出しながら、こう語った。

 「いやいや、愛人とは一緒に住んでいなくて、普通に奥さんです(笑い)。確かに前の家は気に入って長く住んでいましたが、ぼくの部屋がめっちゃ汚かったんです。いただき物を家に持ち帰るので、増えすぎて足の踏み場もないくらいで。だから、ちょっと広いところに引っ越したんです。といっても6畳ぐらいの部屋が増えただけ。家賃は上がりましたけど」

NEWSポストセブン

関連ニュース