記事詳細

NHK“女性アナ第7世代”台頭 川崎理加アナ、山内泉アナ、堀菜保子アナ…次期エースの座の行方は (1/2ページ)

 女性アナも新世代の台頭か-。NHKが2021年度の新キャスターを発表したが、『あさイチ』のMCを務める近江友里恵アナ(32)が3月末で退職する一方、新たな顔ぶれが続々と登場する。まさに“女性アナ第7世代”といったところか。

 注目は『おはよう日本』の土日祝のキャスターに加わる川崎理加アナだ。ネット上では、すでに「かわいい」と評判になっている。

 上智大学を卒業後、2016年に入局した彼女。同期には現在『ブラタモリ』でアシスタントを務める浅野里香アナ(27)や、『あさイチ』でリポーターを務める中川安奈アナ(27)がいる。

 「川崎アナは米国生まれで、一時日本に住んでいましたが、小中の5年間をやはり米国で過ごしたということです。19年に大阪放送局に異動した際には、記者会見で『米ミシシッピ州で生まれた初めての日本人』と自己紹介していました」と在版スポーツ紙記者。

 大阪では夕方のニュース番組『ニュースほっと関西』でキャスターを務めたほか、全国で放送されている『列島ニュース』でも進行を務め、「あの美人アナは誰だ」とネットをざわつかせている。

関連ニュース