記事詳細

フジ永島優美アナ、新番組への思い「芯のある意見を持ちたい」 (1/2ページ)

 「あいうえお、いうえおあ」。永島優美アナウンサーの1日は早朝の発声練習から始まる。メインキャスターを務める朝の情報番組『めざましテレビ』(フジテレビ系)で「元気に朝を迎えられるような明るい声を届けたい」と、朝一番に喉を温め、調子を整えている。

 「私が小学生だった20年前、小島奈津子さんがメインキャスターの時代からずっと、朝は『めざましテレビ』を見ていて、放送を見れば楽しく元気に1日が始められました。私も、見てくださる皆さんに元気な朝を届けたい。

 中でも大切にしているのが、番組最後の『今日もよい1日をお過ごしください』というメッセージ。季節や天気、世の中の状況などで声色も微妙に変わりますし、台本の文字を“読む”のではなく、画面に映し出されるその日の空を見ながら、家族を送り出す気持ちで声をかけています」

 たったひと言だからこそ毎朝、新鮮な気持ちで伝える--。そう心がけて務めてきた『めざましテレビ』を離れ、春からは新ニュース情報番組『めざまし8』のメインキャスターに。『めざましテレビ』で扱ったニュースを深掘りし、独自の生活情報を伝える。

NEWSポストセブン

関連ニュース