記事詳細

長谷川博己“結婚”もはやどうでもいい!? 鈴木京香と自立したオトナの恋愛へ

 沢尻エリカの麻薬取締法違反での逮捕によるキャスト交代、再撮、初回放送の延期、新型コロナウイルスの感染拡大による撮影中断など、数々の苦難を乗り越え、異例の年マタギで今月7日最終回を迎えたNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の総合視聴率が20%を超えたことがわかった。

 「好評のうちに終了したことで、主演の長谷川博己さん評価もあがり、関心は私生活に向かっています」(女性週刊誌記者)

 長谷川というと、かねてより交際中の女優・鈴木京香との結婚の行方がことあるごとに取り沙汰されてきた。

 「2人は10年にNHKで放送されたドラマ「セカンドバージン」での共演をきっかけに交際開始。当時は”格差恋愛”といわれましたが、いまや長谷川さんは男性としても俳優としても見事に成長しました。大河ドラマ主演中のスキャンダルは御法度ということで、2人の交際報道はこのところなりをひそめていましたが、交際は順調。鈴木さんが今月、家賃200万円といわれる高級マンションに引っ越したことで新たな進展があるのではないかとみられています」(前出・女性週刊誌記者)

 自立したオトナの2人には紙切れ一枚の証など、もはやどうでもいいのかもしれない。 (zakzak編集部)

関連ニュース