記事詳細

【業界ウォッチャーX 芸能ニュース舞台裏】コロナ感染で大切な人の命が… 川上麻衣子の意味ある告白

 以前ほど大騒ぎされなくなった芸能人のコロナ感染。

 そんな中、女優の川上麻衣子(55)が闘病告白した。「自分から感染したと思われる知人がその後、重症化したことを明らかにしました。感染者数は減少傾向ですが、コロナが自分の大切な人の命を脅かすという恐怖は以前と何ら変わりません」

 女性誌記者は“文春砲”ならぬ『月刊文藝春秋』に掲載された川上の告白に驚きを隠さない。

 川上は、昨年3月に亡くなった志村けんさんと親しかったため、コロナには人一倍注意を払ってきた。

 「このところマスク飲食なら大丈夫という空気が漂っています。飲食時だけマスクを外し、しゃべるときはマスクをするというやり方ですが、酒が入れば気も緩む。川上もマスクを外した状態で会話したこともあったそうです。川上は親しい人が集中治療室で生死のはざまをさまよう恐怖とショックを打ち明けていますが、誰にでもその可能性があると思うとぞっとしましたね」(前出・女性誌記者)

 今週、ワクチン接種が始まったが、コロナの怖さを伝えるためにも、沈黙より告白を選ぶ芸能人の行動は大切だ。(業界ウォッチャーX)

関連ニュース