記事詳細

【大鶴義丹 それってOUTだぜ!】「やじ」と「中国IR企業との癒着」が売りの白須賀議員 摩訶不思議な政治家マインド、コロナ禍で遊び歩いた「勇者」たる理由を聞いてみたい (2/3ページ)

 この時代になんとも大胆不敵である。いわゆる「パパ活」疑惑とも報じられている。

 一部始終を写真に撮られているので、明らかにどこからかタレ込みがあり、しばらく追跡されていたのだろう。

 この手の報道は、結果だけが世間に触れるが、実はその手前には膨大なリークやウワサが積み重なっているものだ。

 彼は、女性の名誉のためにも『パパ活』ではなく、あくまでお客さんとホステスの関係と弁明していたが、そんな言葉を信じる人は少ないだろう。私もニヤリとほくそ笑んだ。

 別にいい子ぶるわけではないが、私たちも人前に出ることを生業としているので、コロナ禍においては、この手の問題には平時とは桁違いに気を使っている。

 決して筋が良いとはいえない私でさえも、このご時世にそんなエリアをフラフラすることはない。だからとても不思議である。

 政治家のマインドとは摩訶(まか)不思議だ。この先、ご本人と会う機会があったならば、その「勇者」たる理由をじっくりと聞いてみたいものだ。

 以前、高級官僚をしていた方と飲んだときのことを思い出した。

関連ニュース