記事詳細

内木志、心躍った「武楽」 NMB48卒業以来、初のダンスパフォーマンス披露 (1/2ページ)

 2月27日に東京都港区赤坂のサントリーホールで開催された「アニメ&ゲーム・シンフォニー・ジャパン ワールドツアー2021」東京公演。元NMB48で俳優の内木志(ないき・こころ、23)はNMB卒業以来、初のダンスパフォーマンスとして、「武楽(ぶがく)」に初挑戦した。

 内木はオーケストラをバックに武楽座創始家元の源光士郎と共演。ゲーム「信長の野望 全・国・版」の楽曲を志村健一指揮で日本橋シンフォニーオーケストラ、瀬戸フィルハーモニー交響楽団が演奏した。

 「初めての武楽で筋肉痛になりながらも、源先生に丁寧にご指導いただき無事に演じることができました。難しかったですが、新たな挑戦に心躍りました」と内木。

 「武楽」は「武の美」をテーマに、武士が研鑽した武道と、武士がたしなみとした能や茶の湯などの武士文化を組み合せた総合芸術。

 サントリーホールでの武楽とオーケストラとの共演は2度目という源は「信長公が使用したと伝わる陣太鼓を響かせ、時空を超えて舞いました。内木さんは武楽初挑戦でしたが、信長公と濃姫の勇壮さと悲哀をともに演じることができました」と振り返る。

関連ニュース