記事詳細

『青天を衝け』草なぎ剛&木村佳乃の共演にテレビ界が驚く理由 (1/2ページ)

 8年ぶりに初回視聴率が20%の大台に乗ったNHK大河ドラマ『青天を衝け』。「日本資本主義の父」といわれた渋沢栄一(吉沢亮)の生涯を描く同作では、のちに渋沢の主君となる徳川幕府最後の将軍・徳川慶喜を草なぎ剛が演じている。慶喜に渋沢を推薦し、立身出世のきっかけを与える平岡円四郎は堤真一、その妻に木村佳乃が配され、撮影は着々と進んでいるという。

 「撮影現場ではお茶目な木村さんがムードメーカー。草なぎさんにイタズラやドッキリをすることもあり、和やかな雰囲気で進んでいます」(NHK関係者)

 実力派同士の木村と草なぎだが、2人のキャスティングが発表された当初、テレビ業界は驚きに包まれた。

 「木村の夫が東山紀之だからです。これまでテレビ局は草なぎら元SMAPの『新しい地図』3人の起用を避け、まして古巣であるジャニーズタレントとの共演はありませんでした。木村自身は関係ないとはいえ、夫の東山はジャニーズの事実上のトップ。これは画期的なことだと話題になった」(キー局プロデューサー)

NEWSポストセブン

関連ニュース