記事詳細

【シネマパラダイス】ベトナム戦争の実話に基づいた社会派の感動作 「ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実」

 ベトナム戦争の英雄、ウィリアム・H・ピッツェンバーガーの実話を、トッド・ロビンソン監督が実写化。社会派の感動作に仕上がった。

 1999年、ペンタゴン空軍省のハフマン(セバスチャン・スタン)は、ある兵士の名誉勲章授与の調査を行うことになった。その人物、ピッツェンバーガーはベトナム戦争で自らの命を犠牲にし、多くの仲間を救ってきた英雄だったが、請願されてきた名誉勲章は30年以上も却下の連続。早速、調査を開始したハフマンはその背景に驚くべき陰謀が隠されていたことに気づく!

 クリストファー・プラマー、エド・ハリス、ピーター・フォンダら名優たちの熱演は必見。上映時間1時間56分。5日公開。

 【ホンネ】戦闘シーンもあり、戦争映画ではあるのだろうが、焦点が当てられているのは、戦後の兵士たちの心模様。苦悩、葛藤、後悔など、涙なしには見られない。魂の救済を描いた秀作。 ★★★★☆ (映画評論家・安保有希子)

  ★5つで満点、☆=星半分

関連ニュース