記事詳細

愛ちゃん“不倫疑惑”の衝撃! お泊まり報道否定も「ムリありすぎ」の声

 夫と小さな子供と実母を台湾に残し、単身帰国も不倫疑惑が報じられた卓球女子元日本代表の福原愛さん。

 「小さな時からアイドル的存在だった愛ちゃんの不倫には日本のみならず台湾や中国まで大きな衝撃が走っています」(スポーツ紙記者)

 福原さんは16年に結婚、17年、19年に出産し、結婚後は台湾で暮らしていた。

 「それにしても不倫報道への対応は素早かったですね。コメントの早さは焦りの現れともみてとれます」(前出・スポーツ紙記者)

 報道直後には福原さんが代表取締役社長を務める会社が謝罪コメントを発表。それでも騒動は収まらず、今度は福原さん直筆の謝罪コメントも公開。

 直筆コメントで、福原さんはあくまでも不倫を否定。「誤解や疑いを持たれる行動をとってしまったこと」は謝罪しながらも、お相手男性は「社会人の先輩として尊敬していた友人」だそうで、「一緒の部屋に宿泊した事実はありません」とのこと。

 「しかしさすがに2日間も横浜デートを楽しみ、1泊目は横浜の高級ホテル、2泊目は愛ちゃんの自宅でお泊まりですからね。いくら部屋が違うといってもムリがありすぎです」(前出・スポーツ紙記者)

 今回、福原さんは、”不倫デート”が目的ではなく五輪関連の打ち合わせで単身帰国したということだが、肝心のその五輪の仕事にも支障が出てきそうだ。 (zakzak編集部)

関連ニュース