記事詳細

【業界ウォッチャーX 芸能ニュース舞台裏】「困難」に向き合わなかった小室氏 KEIKOとの離婚成立

 先月末、globeのKEIKO(48)は、音楽プロデューサーの小室哲哉氏(62)との離婚が成立したことを直筆コメントで発表した。

 「昨年の春ごろから離婚調停をしていたので時間の問題でした。裁判に発展するかと思われましたが、互いに時間と金の無駄ということで一致したようだ」とスポーツ紙記者が話す。

 2011年にくも膜下出血で倒れたKEIKOは闘病を続けていた。18年1月には、小室氏の不倫疑惑が報じられ、釈明会見を開いたが、「あれは小室氏の作戦勝ち。不倫そのものに深入りされないように、芸能界引退と自身の男性機能不全を告白した。取材陣の切っ先が鈍りました」(情報番組ディレクター)

 小室氏はその後、芸能人として前面に立つことはなくなったものの、音楽プロデューサーや作曲家として、芸能界で生き抜いている。

 「釈明会見で小室氏は妻と向き合うと宣言しましたが、結局看病はKEIKOの実家に丸投げだった。KEIKOもリハビリを受け、後遺症もないほどに回復しましたが、釈明会見といい、夫婦のあり方といい、小室氏は困難に向き合わない印象だけが根付きましたね」(前出・スポーツ紙記者)

(業界ウォッチャーX)

関連ニュース