記事詳細

【元文春エース記者 竜太郎が見た!】まさかの愛ちゃん「里帰り不倫」報道 『女性セブン』断行は“決定的証拠”あるから (1/2ページ)

 “天才卓球少女”“泣き虫愛ちゃん”として国民的アイドルだった卓球女子五輪2大会メダリスト、福原愛さん(32)に一体、何が起きたのか-。

 先週木曜発売の週刊誌2誌が同時に放った衝撃のニュース。『週刊文春』が《福原愛 離婚 全真相 モラハラ台湾夫とモンスター家族》と題して、台湾の卓球選手である夫、江宏傑さん(32)のモラハラに苦しんで、福原さんが離婚を決意し離婚届にサインをしていると報じた。2人はリオ五輪後の2016年に国際結婚し、子供が2人、台湾に暮らしている。

 もう一方の『女性セブン』は《スクープ撮!福原愛 台湾に夫も子も残して里帰り不倫》として、イケメンのエリートサラリーマンと横浜中華街でデートを楽しむ様子や横浜のホテルでの宿泊、さらに翌日都内の福原さんの自宅でもう1泊したことを大量の現場写真とともに報じた。

 「取材力が圧倒的な文春の、知られざる“家庭内事情”には舌を巻きましたが、それ以上に衝撃だったのはセブンの“不倫”報道。あどけなくて陽気、あんなにかわいかった愛ちゃんが、子供を台湾に置いて不倫していたとは…」(ワイドショーデスク)

 芸能界にも愛ちゃんファンは多く、ワイドショーに出演のタレントは「まさか」の大合唱。揚げ句、「セブンの報道は本当か?」と訝しむ声もあがった。娘の見てはいけない部分に遭遇してしまったような、そんな気持ちもわかるのだが、「驚いたのはセブンの記者も同じです。2月に日本に帰国して『徹子の部屋』(テレビ朝日系)で『拠点を日本に移したい』と発言したのを端緒に夫婦不仲説が浮上。それ以来、セブンはずっと取材を続けていたら、たまたまデートの一部始終が撮れてしまった」(小学館関係者)

関連ニュース