記事詳細

【永瀬白虎 アイドルSEXY列伝】萩原佐代子 少年は年上のお姉さんに淡い恋心を…憧れの人に対してイケナイ衝動 (2/2ページ)

 もはや“かわいい”を通り越して、ロケバスの中で少し話するだけでも緊張、赤面してしまう。

 さらにUGM隊員の衣装が体にフィットするピチピチ仕様で…直視できず(チラ見はできましたけど)。

 約2週間の早朝ロケとアフレコが終わるころには、少年は年上のお姉さんに淡い恋心を抱いていたわけです。

 その後、佐代子様は1983年『科学戦隊ダイナマン』、86年『超新星フラッシュマン』でヒロイン役に。

 さらにグラビア展開も。普通の水着グラビアでも個人的には受ける衝撃が違いました。何しろ、憧れのお姉さんの水着なのですから。

 そして、85年『写真集 ひとり』発売。衝撃を通り越したヌードです。

 美しい、きれい、という感情だけでいいはずなのに、憧れの人に対してイケナイ衝動を覚えてしまう。

 ああ、自分は汚れたオトナになってしまったんだ、と。以来、汚れっぱなしです。

 その後、ライターとなり夕刊フジの取材で(2012年11月)で、記者の立場で再会。48話に出演していた話をすると「ああ、せりふ全部覚えてきた男のコ!」と。

 当時は暗記力、記憶力も素晴らしかった。最近、物忘れが多くて…。(永瀬白虎)