記事詳細

バラエティー番組崩壊の危機 『ダウンタウンなう』終了、マツコも石ちゃんも…コロナ禍で出歩き系ロケ受難の時代 (2/2ページ)

 さらに続ける。

 「日本テレビ系の『火曜サプライズ』や『メレンゲの気持ち』もこの3月で終了します。どちらも人気番組で、『まいう~』のフレーズでおなじみの石塚英彦は食リポで出演していました。最近は、過去の映像を流すなど工夫していましたが、内容を変更するなら番組自体を一新するというわけです」

 人気深夜番組『夜の巷を徘徊する』(テレビ朝日系)も、コロナ禍のロケ危機のあおりを受けた番組のひとつだ。

 「まさに番組のタイトル通り、マツコ・デラックスが夜の町を歩き回るという内容でしたが、最近は『夜の巷を徘徊しない』と番組名を変更してスタジオ収録になっていました。マツコもロケをしない以上、番組の終了は仕方がないと考えているそうです」と先のスポーツ紙記者。

 バラエティー番組は一時期、猫もしゃくしも街ブラ、食リポをしていたが、もはやそれも今は昔。バラエティー受難の時期は続きそうだ。

関連ニュース