記事詳細

スッキリ「アイヌ問題」で全面謝罪 加藤浩次「北海道出身なのに即座に対応できなかった」 該当コーナーは休止

 日本テレビ系『スッキリ』でアイヌ民族をめぐり差別的な表現があった問題で、同局は15日、番組の冒頭で改めて謝罪し、再発防止につとめるとした。また発言があったコーナーについては休止とすることも明らかにした。

 冒頭、水卜麻美アナ(33)が、12日の放送でアイヌ民族を傷つける不適切な表現があったとして、「制作にかかわった者にこの表現が差別にあたるという認識が不足し、番組として放送に際しての確認が不十分でした」と説明し、「日本テレビとして深くおわびするとともに、今後の再発防止につとめてまいります」と謝罪。さらに「アイヌ民族の方々の歴史や文化を深く理解して広く伝えていくための取り組みを進めてまいります」として頭を下げた。

 MCの加藤浩次(51)も「僕自身、北海道出身という立場にありながら、即座に対応できなかった」と謝罪。その上で「スタッフ全員でこうした問題に取り組んでいく。そして、理解を深めていく」と語った。

 問題の発言は、12日の放送中、動画配信サービス「Hulu」の番組紹介コーナーでアイヌ女性のドキュメンタリーを取り上げた際、お笑い芸人の脳みそ夫(41)の謎かけの中でなされた。

 脳みそ夫は14日、ツイッターに直筆の文書で謝罪。「知らなかったとはいえ、長い年月にわたりアイヌの皆さまが苦しまれてきた表現をすることになってしまいました。大変申し訳ございませんでした」とつづった。

関連ニュース