記事詳細

YouTubeが人気の石橋貴明、“イジり役”脱却しゲスト出演で地上波復活か (1/3ページ)

 一度は“戦力外通告”を受けた男が檜舞台に戻ってきた。2018年に『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が終了し、ゴールデンタイムのレギュラー番組が消滅したとんねるずの石橋貴明(59才)が、YouTubeを足がかりとして華麗に復活。地上波でも再び存在感を示し始めている。

 1980年代からテレビ界の王者として君臨し続けてきたとんねるずに激震が走ったのが、“みなさん”終了という事件だった。『ねるとん紅鯨団』(フジテレビ系)、『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』(日本テレビ系)、お正月特番の『夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!』(テレビ朝日系)など、数々の人気番組を生み、中居正広とコンビを組んだ『うたばん』(TBS系)も大当たり。しかし、次第に番組が終わり、ついに“みなさん”が終わった当時の状況を、石橋は今年1月放送の『情熱大陸』(TBS系)で、「戦力外通告」と表現した。ネット界の状況に詳しいネットニュース編集者はいう。

 「長年、トップランナーとして走り続けてきたとんねるずですが、ネット界隈では嫌われ者で、とにかくアンチが多いことで知られていました。体育会的なノリを貫くスタイルが“パワハラだ”という指摘は常にありましたし、生まれた時から不景気な時代しか知らない若者にとって、何十年もバブルを引きずる彼らは“老害”以外の何者でもなかった。ある種、若者のテレビ離れを招いた象徴のような存在と言われることもありました」(ネットニュース編集者)

NEWSポストセブン

関連ニュース