記事詳細

【ぴいぷる】丘みどり 着物を脱いで「気持ちはすっぴん」 コロナ禍に楽しみも奪われ…家では世話焼きな“スナックママ”に (1/4ページ)

 艶やかな着物姿から、真っ赤なドレスに変わっても、カメラを見つめる猫のような大きな目は実に色っぽい。いい女だ。

 それにしても大胆な変身だが、「仕方ないのは分かっているんですけど、昨年は丘みどりとしてのデビュー15周年で100公演以上も入っていたコンサートが、コロナ禍のためにパタパタパタとなくなって、本当に悔しい1年でした。思い通りにできなかった中、私自身もこのままでいいのかなと考える時間もいっぱいあって…」と語る。

 そして「自分にだけは負けず、明日への一歩を踏み出そう」と心に決めた。そんな挑戦心から生まれたのが新しいシングル『明日へのメロディ』(キング)だ。

 作曲はSMAPの『SHAKE』や『らいおんハート』で知られるヒットメーカー、コモリタミノル氏に依頼。ジャンルを超えた挑戦となった。

 「今までの丘みどりのイメージを変えてもいいですってお願いしたんです」という楽曲は、まさに新しい令和の歌謡曲といった仕上がりだ。

 「心の内側を叫ぶような歌です。みなさんもいろんなことがあると思いますが、この曲を聴いて次の一歩を踏み出してもらえれば」

 で、自身も踏み出してドレスへと様変わりだ。

関連ニュース