記事詳細

のん監督・主演映画「Ribbon」 特撮チームに樋口真嗣、尾上克郎が参加 超豪華スペシャル映像“19日公開”

 のん(27)が脚本・監督・主演を務める映画「Ribbon」の場面写真、応援スペシャル動画が19日、解禁された。

 のんが監督を務めるのは2019年にYouTubeで公開された「おちをつけなんせ」に続き2作目。今回が初の劇場長編作品となる。

 コロナ禍により表現の術を奪われ、自分のやるべきことを見つけだせずに葛藤する美大生・いつかをのんが演じる。鬱屈とした現状を痛快に打破していく“再生”の物語。

 本作の特撮チームには「シン・ゴジラ」の樋口真嗣監督、尾上克郎准監督が参加。のん発案の「リボンアート」による感情表現を圧巻の特撮技術で実現している。本作は2021年公開予定だ。

 樋口監督は日本映画専門チャンネルとタッグを組み、本作の応援スペシャル映像「映画と生きる 映画に生きる」も制作。この特別映像は映画撮影の過酷ながらも情熱的な現場の裏側と、いかなる状態になろうとも被写体を見つめ続ける“監督・のん”の様子を3篇にわたり描いている。のん監督を支える映画スタッフ役に緒方明、尾上克郎、犬童一心、片渕須直、白石和彌、市井昌秀、沖田修一、枝優花ら日本のトップクリエイターが出演している。「映画と生きる 映画に生きる」はのん公式YouTube、日本映画専門チャンネルなどで公開中だ。

関連ニュース