記事詳細

日本アカデミー賞で草なぎ剛の頭が真っ白になったわけ 受賞スピーチで「まじっすか」 ニノに競り勝ったことが持つ大きな意味 (1/2ページ)

 先日開催された「第44回日本アカデミー賞」で最優秀主演男優賞に輝いたのが『ミッドナイトスワン』(内田英治監督)に出演の俳優、草なぎ剛(46)。自身初の最優秀主演男優賞に、壇上で「いや、あの、まじっすか」と言葉を失った。

 作品賞も受賞した同作。男性として生まれ、女性として生きるトランスジェンダーの主人公と育児放棄されて育った少女とが親子のような愛で結ばれていくストーリー。草なぎは新宿のクラブでステージに立つトランスジェンダーを演じた。

 トロフィーを手に「今まで、皆さんとお仕事をさせていただいたこととか、慎吾ちゃんとか吾郎さんとか、本当に近い人たちが支えてくれて、今日ここの舞台に立てたんだなと思ってうれしいです」と、同志である稲垣吾郎(47)と香取慎吾(44)に感謝の言葉を述べた草なぎ。思うところがあったのだろう。

 「今回は最優秀男優賞候補には、小栗旬(38)、佐藤浩市(60)、菅田将暉(28)、二宮和也(37)と強力なライバルぞろいでしたが、何よりジャニーズ事務所時代の後輩である二宮に競り勝ったことが重要でした。これまでに自分たちの歩んできた道が認められたわけですから」と女性誌編集者。

 「草なぎたちはジャニーズ事務所から独立し、大手事務所の保護下から離れたことの大変さを経験してきました。受賞コメントで香取、稲垣の名前を挙げたのも、そんな苦節をともにしてきた同志だからです」とも。

関連ニュース