記事詳細

剛力彩芽は不死鳥「映画とドラマ続々決定」コロナ禍の復活劇のなぜ (1/2ページ)

 ここは、都内の湾岸エリア。毎日のようにドラマや映画、CM撮影などが行われているスポットに、3月初旬に現れたのは、女優の剛力彩芽(28才)と俳優の三浦貴大(35才)である。メガネ姿で真剣な眼差しで演じる剛力。一時は、ほとんどの仕事を失っていた彼女が、このコロナ禍で再び多忙な日々を送り始めていた。

 ある芸能リポーターは「清純派として、明石家さんまさんら多くの同業者にも好かれていた剛力さんが、芸能メディアの格好のネタになり始めたのは、2年半前の夏。サッカーW杯ロシア大会の決勝戦を、ZOZO創業者の前澤友作氏(当時スタートトゥデイ社長)とプライベートジェット機で日帰りで生観戦しに行ったことを、自身のSNSで明らかにしてからでした」と振り返る。

 それまでの印象からはかけ離れたはしゃぎっぷりで、イメージが180度変化。次々とスポンサー契約が打ち切られて、女優業も開店休業状態に。かつてのCM女王は、あっという間に仕事を失った。

 約1年後の2019年秋に破局して、翌2020年春には復縁が報じられた。個人事務所を設立して、同年8月にはデビュー時から所属していたオスカープロモーションを退社。その後、徐々に女優の仕事も戻ってきた。前出の芸能リポーターは「この三浦さんとの撮影は、フジテレビのCS放送のドラマ『彼女のウラの世界』。“前澤騒動”の前以来、約3年ぶりの連ドラ復帰作です」と解説する。

NEWSポストセブン

関連ニュース