記事詳細

山下智久、ハリウッド事務所と決別 背景に実母と妹の介入か (1/3ページ)

 昨年10月にジャニーズ事務所を退所した山下智久(35才)の、独立後初の大仕事が好調だ。

 「男性ファッション誌『SENSE』(4月号)のカバーモデルとして登場しました。これは、山下さんが日本人では史上2人目となるブルガリのアンバサダーに就任したのを受けてのものです。久々のメディア露出ということもあって、雑誌が完売する店舗が目立ってきています。山下さんは2月末に公式ファンクラブ『Club9』を開設していますし、ファンは精力的な活動を歓迎しているでしょうね」(広告代理店関係者)

 しかし、ブルガリを身につけ、優しく微笑む山下の姿に興奮しているファンはまだ知らない。本当ならば、ほかの場でも、山下の美しい姿を見られるはずだったことを--。

 ◆大きな仕事を相次いでドタキャン

 山下はデビュー以来、繰り返し、家族への愛を語ってきた。

 「妹と2人、母子家庭で育ち、11才でジャニーズ事務所入りしたときには、すでに家族を自分が養っていくという気概を持っていました。実際、10代半ばでドラマの主演を務めるなど活躍しはじめると、収入はほぼすべて家族に渡していましたね」(芸能関係者)

 山下の暮らしぶりが、意外なほど質素なのは今も昔も変わらない。第一線で活躍している芸能人とは思えないほど地に足が付いているのは、利他的な人生観から来るものなのだろう。

 「20才になったときには、母親に『自分の時間を自由に使ってほしい』と語り、生活のための仕事を辞めさせています。女手一つで育ててくれた母親へ恩返ししたいという思いが、彼の根底にあるのでしょう」(前出・芸能関係者)

 2013年に親族を代表に据えた個人事務所を、2017年にも同様の会社を立ち上げたのも、経済的な還元をしたいという思いの表れだろう。

 「ほかにも、山下さんの名前から取ったのが明らかな、妹さんが代表を務める介護関連の会社も設立されています。山下さんの、家族にはお金のことを気にせず、やりたいことをやってもらいたい、そのための協力は惜しまないというスタンスはずっと変わりません」(山下家の知人)

 家族からすると自慢の息子や兄であるに違いない。そしてその家族は、山下を大切に思う気持ちが募りに募った結果、いつしか山下の仕事に対してアドバイスをするようになっていく。その動きは、山下の独立後に、より顕著になる。

NEWSポストセブン

関連ニュース