記事詳細

牧伸二、タモリ、ひとり、バカリ… ピン芸人の誕生と発展の歴史 (1/2ページ)

 お笑いの歴史を振り返る表現として、昨今は「第○世代」という言い方が浸透している。しかし、ピン芸に焦点を当てて歴史が振り返られることは少ない。ピン芸人はどんな流行の変遷を辿ってきたのか--お笑い評論家のラリー遠田氏がレポートする。

 * * *

 「ピン芸」の定義は曖昧だ。日本ではもともと一人で演じる落語、講談、浪曲などの話芸の伝統があった。

 それらに当てはまらないものを「ピン芸」と考えるとすると、そのルーツと言えるのは立ってしゃべる形の漫談だろう。「形態模写」「声帯模写」と呼ばれたモノマネ芸も広い意味ではここに含められる。戦前から徳川夢声、柳家三亀松、江戸家猫八などが漫談家として活動していた。

 戦後も、医療漫談のケーシー高峰、ウクレレ漫談の牧伸二、「わかるかな、わかんねえだろうな」のフレーズで知られる松鶴家千とせなど、さまざまなタイプの漫談家が人気を博した。

 伝統的な漫談とは一線を画す現代的なピン芸の先駆けとなったのはタモリである。彼は芸人としての下積みを経験することなく、赤塚不二夫、山下洋輔ら当時の文化人にその才能を見いだされ、インチキ外国語などの密室芸で注目された。

NEWSポストセブン

関連ニュース