記事詳細

小泉今日子、不倫の豊原功補が離婚しても貫く“自分流” 批判受けても変えられない生き方 (1/2ページ)

 俳優の豊原功補(55)が昨年、一般人の妻と離婚していたという。発売中の『女性セブン』が報じている。豊原といえば、離婚前から小泉今日子(55)との交際が伝えられてきたが、いってみれば“不倫”であるにもかかわらず、2人はその関係性を貫いている。それが“小泉流”な生き方なのか。

 『女性セブン』によると、豊原と11歳年下の妻は1998年に結婚。子宝にも恵まれたが、2015年に小泉との交際が報じられた時期から、豊原は家族と別居している。そして昨年、離婚が成立したという。同誌の直撃に、豊原は「円満離婚」を主張したという。

 「小泉は現在、豊原らと立ち上げた『新世界合同会社』や、自身が代表を務める『明後日』でプロデューサーとして活動しており、ほぼ裏方的な立ち位置にいます。豊原との関係性は保ちながらも、自立したクリエーティブな女性としての立ち位置をみせることで、いわゆる“不倫”関係を意識させないような活動ぶりです」と週刊誌記者。

関連ニュース