記事詳細

庵野秀明氏が「シン・仮面ライダー」の監督・脚本を担当 実写映画の指揮は『シン・ゴジラ』以来

 今年、初回放送から50周年を迎えた『仮面ライダー』。2023年3月には、映画『シン・仮面ライダー』が公開されることになった。しかも監督・脚本を務めるのはあの庵野秀明氏(60)だ。

 幼い頃、仮面ライダーに熱中したという庵野監督は、企画段階から6年を費やし、初代仮面ライダーを基に完全新作を製作することに。

 コメントでも「50年前にテレビ番組から受けた多大な恩恵を、50年後に映画作品という形で少しでも恩返しをしたいという想いから始めました」と“仮面ライダー愛”を爆発させた。

 庵野監督が実写映画のメガホンを執るのは16年公開の『シン・ゴジラ』以来で、コロナ禍で公開延期となっている『シン・ウルトラマン』でも企画・脚本を担当している。