記事詳細

『ラヴィット!』苦難の船出 TBSの午前8時台はなぜ苦戦するのか (3/3ページ)

 そうした影響もあってか、『はなまる』の視聴率は1~2%台に落ち込むこともあり、2014年3月に終了した。その後、TBSはTOKIOの国分太一を司会に持ってきて『いっぷく!』を始めたが、1年で終了。同じ国分司会でリニューアルした『ビビット』は2019年9月まで4年半続いたが、数字は伸びなかった。後を継いだ立川志らくMCの『グッとラック!』は1年半で役目を終えた。

 「どの番組も、視聴率では後ろにテレビ東京が控えているだけでした。その前に放送されている『あさチャン!』の数字が上がらないことも不振の一因と考えられます。『みのもんたの朝ズバッ!』が視聴率好調だった頃、やや不振だった『はなまる』の数字が回復したこともありましたから、連続した縦の流れが重要なのは間違いない。ただ、1980年代や1990年代は日本テレビの『ズームイン!!朝!』、2000年代以降はフジテレビの『めざましテレビ』が好調だったこともあり、TBSは朝の時間帯で苦戦を強いられていた。その中で、縦の流れとは関係なく、『はなまる』は1990年代後半から2000年代にかけて視聴率を取っていた」

 TBSとしては『ラヴィット!』で『あさイチ』と違う独自路線を見つけて、『はなまる』のリベンジを図りたいところだろう。

 「ただ正直、『あさイチ』が始まる時のような覚悟を感じられない印象もあります。編成は今までと同じ8時スタートですし、レギュラー陣は他の番組でよく見るような顔触れが並ぶ。もっと開き直って、思い切ったキャスティングをしてもよかったはずですが……。放送数回で、内容はまだなんとも言えませんが、『ラヴィット!』が『あさイチ』を超えるにはまだまだ課題が多いと思います」

 TBSの午前8時台が“不毛地帯”と呼ばれなくなる日は来るか。

NEWSポストセブン

関連ニュース