記事詳細

“におわせ”敏感なファン、アイドル妻に厳しい目 菊池梨沙に工藤静香も…何やっても批判コメント殺到

 TOKIOの城島茂(50)の妻でタレントの菊池梨沙(25)が先日、SNS上で配慮が足りなかったことを謝罪する羽目になった。菊池のSNSにあるものが写り込んでしまったことが原因だが、なかなか世間の目は厳しいものだ。

 菊池は今月7日、インスタグラムを更新し、「先日はギターの件でお騒がせして申し訳ありません…」と突如謝罪した。そして「今後このようなことのないように、片付けより頑張りたいと思います…」とつづった。

 「この謝罪は、菊池が4日に投稿した写真に原因があるようです。この写真にはギターケースが写り込んでいました。ギターといえば、城島を想像させるアイテムです。ただ4日の投稿が炎上していたわけでもなく、菊池に有形無形のプレッシャーがあったのではとみられています」と芸能ニュースサイトの編集者。

 熱心なアイドルファンはいわゆる“におわせ”に敏感だ。

 「嵐の二宮和也(37)の妻も結婚前に、こうした投稿をしたという理由で相当バッシングを受けました。それは今も続いています」と先のサイト編集者。

 「元SMAPの木村拓哉(48)の妻である工藤静香(50)もSNSに投稿すると批判コメントが殺到します」と続ける。

 工藤といえば、SMAP解散の原因を作ったといわれたこともあり、いまだに敵視しているファンも少なくない。

 「先日、工藤はSNSに朝食の様子を投稿しました。移動の車内でドライフルーツやシフォンケーキを食べたことを報告したのですが、そのトレイをバッグの上に乗せていたことで『無神経』『行儀が悪い』とたたかれました。何をしても批判の対象になってしまうようです」とネット編集者は指摘する。

 SNSで発信するのもなかなか難しい。

関連ニュース