記事詳細

水卜ちゃん、フリー転身あきらめ…局と“密約”? 上層部は『ZIP!』成功に期待大

 “最強女性アナ”ともいわれる日本テレビの水卜麻美アナ(34)が総合司会を務める同局の朝の情報番組『ZIP!』が始動した。同番組でさらなる飛躍を目指す水卜アナだが、局内では局上層部との“密約”が存在するのではとも取り沙汰されている。 

 水卜アナは約3年間、MCを務めた『スッキリ』を卒業し、今春から『ZIP!』の総合司会に就任した。

 日テレの今春の改編では、それまでの総合司会だった桝太一アナ(39)が、フリーアナの福澤朗氏(57)の卒業に伴い『真相報道バンキシャ!』に異動、また、水卜アナの後任として同局の岩田絵里奈アナ(25)が『スッキリ』に出演することになったが、同局の情報番組のスタッフはこう語る。

 「『バンキシャ!』の福澤さん、『スッキリ』の近藤春菜さんの卒業でも分かるように、要は経費削減を受けての異動です。最近はコロナ禍の影響で報道、情報番組は視聴率こそいい一方、折からの不況によるスポンサー企業の経営不振などの影響で、どの局もコストカットが最重要課題となっていますからね」

 こうした背景があっての大型異動なのだが、同時に局上層部が期待を寄せているのが『ZIP!』の躍進とか。

 「テレビ視聴者の高齢化が続く中、早朝の『ZIP!』の存在感は年々アップしていますからね。とくにウチの編成は、番組単体よりも前後の番組との相乗効果を意識しているので、『ZIP!』が成功すれば、その後の『スッキリ』の視聴率にもプラスに働き、強敵であるテレビ朝日さんの『羽鳥慎一モーニングショー』の牙城を崩せるというもくろみもあります」(同番組スタッフ)

 水卜アナへの期待の裏返しは『ZIP!』スタートのタイミングでの大幅な露出増からもみてとれる。

 「水卜アナが初めて同番組に登場した先月29日の夜に放送された『人生が変わる1分間の深イイ話2時間SP』では水卜アナの密着企画が展開され、本人もVTRで『胸を張って見てくださいといえる番組に私がします!』と意気込みを語りました。同月31日放送の『今夜くらべてみました』の特番にもゲスト出演し、とても局アナへの扱いとは思えません。それだけ上層部の期待も大きいのでしょう」(テレビ誌ライター)

 そうした中、局内ではこんな噂も流れているという。

 「今回の異動で、水卜アナがフリー転身をあきらめて定年まで局にとどまることを決意したというんです。もともと水卜アナは『うまくいかないと大食いタレントやデブキャラのような扱いを受けるだけだし…』と周囲にジョークを飛ばすなどフリー転身に意欲的だったわけではないのですが、一方で複数の大手芸能事務所から水面下でラブコールも受けていましたからね。ついに局に骨を埋める覚悟をしたのでしょう」とは前出の番組スタッフ。

 こう続ける。

 「そうした水卜アナの姿勢に応えるべく、ウチの局上層部も将来的な幹部、取締役の有力候補として認識しているそうです。その第一歩として『ZIP!』の成功を条件にアナウンス部長の座も確約されているともっぱらです」

 日テレの将来の幹部候補となった水卜アナは、局上層部の期待に応えることができるか。

関連ニュース