記事詳細

泉谷しげる『阿蘇ロック』今年で勇退 「次世代のアーティストに受け継ぎたい」

 シンガー・ソングライターで俳優の泉谷しげる(72)が、自ら発起人となり2015年から開催してきた「阿蘇ロックフェスティバル」を5回目の今回で勇退することになった。昨年はコロナ禍で中止されたが、今年は「新阿蘇大橋開通記念」として10月23、24日に熊本県野外劇場アスペクタで開催予定だ。

 「阿蘇ロック」は2014年に阿蘇山中岳で起きた大規模噴火で、観光客が減少。風評被害も続く状況を憂慮した泉谷が「エンターテインメントで地域活性」を合言葉に熊本・南阿蘇村で開催。翌年には熊本地震が発生したことから、被災地を支援するフェスとして泉谷が発起人となって盛り上げてきた。

 2年前の19年は「誰もが噴火、地震に見舞われた熊本、阿蘇の一日も早い復興を望んでいる」(泉谷)と、北九州市小倉のミクニワールドスタジアムで「阿蘇ロックフェスティバル2019 in北九州」として開催した。

 昨年はコロナ禍で中止を余儀なくされただけに泉谷も「今年こそはという思いが強い」という。

 「熊本市から阿蘇方面への大動脈ともいうべき57号線も昨秋復旧、今年3月には熊本地震で崩落した阿蘇大橋が『新阿蘇大橋』となって開通した。オイラが念願として掲げてきた阿蘇地域全体のインフラも整い、いよいよ阿蘇の観光業復興に弾みが出てきた。そこで今年は熊本地震からの復興を大いに祝したロックフェスにしたい。あとはコロナの感染拡大が収まればいいだけ」

 そう語る泉谷は発起人という立場を勇退することを明らかにした。

 「地元有志の“志”もあって、ここまで輪を広げることができたし、オイラの役目は果たした。本当は昨年が最後のハズだったがコロナのせいで中止となり、あいまいな決着にしたくなかったのさ。コロナのせいで、勇退するのはシャクだからな! 次の世代のアーティストに阿蘇ロックを受け継ぎたい。ま、オイラの既得権じゃないし、持ち物でもないんだから。正直、72歳のオレの足で急勾配のステージ立地は体力的につらい!」

 今年の出演者など詳細は今後、随時発表を予定している。

関連ニュース