記事詳細

アスリートや実業家よりも安定?女性アナがお笑い芸人と結婚する理由 (1/5ページ)

 お笑い芸人と女性アナウンサーの結婚が相次いでいるが、いったいどんな背景があるのだろうか。放送作家でコラムニストの山田美保子さんが、芸人と女性アナウンサーの夫婦について分析する。

 * * *

 ◆関西出身の女性は“お笑い”に理解があり、芸人に対して寛大

 4月2日、有吉弘行サン(46才)との結婚を発表した夏目三久サン(36才)がMCを務める『あさチャン!』(TBS系)が9月末で終了することを同局が認めたことが9日、わかりました。でも、同局では『マスターズ』中継によりその日の『あさチャン!』は、お休み。電撃婚のようにいわれていますけれど、すべて計算づくだったんだなぁと。

 いずれにせよ、芸能界からも、SNSを通じて一般のかたからも、ここまで結婚を祝福されたカップルというのも近年、思い当たりません。改めまして、有吉サン、夏目サン、ご結婚おめでとうございます!

 私が夏目サンに初めて会ったのは、彼女が日本テレビに入社する2007年、3月のことでした。当時、日テレでは入社式で流す明石家さんまサン(65才)からのメッセージVTRを『恋のから騒ぎ』(日本テレビ系)の“さんま愛の説教部屋”セットを使って収録していました。扮装し、ピコピコハンマーを片手にスタンバイしたさんまサンの横の席に座るのは新入社員の女性アナウンサー。その年は夏目サンでした。

NEWSポストセブン

関連ニュース

関連ニュース