記事詳細

【シネマパラダイス】女暗殺者の死闘と心の葛藤を描いたアクション大作「AVA/エヴァ」

 女暗殺者の死闘と心の葛藤を描いたアクション大作。

 完璧な容姿と知性を持った美しきエヴァ(ジェシカ・チャステイン)は圧倒的な戦闘能力を持つ殺し屋。組織の命令で次々と任務をこなしながらも、自分の仕事に疑問を持ち始めていた。

 やがてエヴァは命令に背いて反旗を翻し組織は彼女を消すため最強の殺し屋(コリン・ファレル)を送り込み血で血を洗う戦いに発展していく。共演にジョン・マルコヴィッチ。テイト・テイラー監督。16日公開、上映時間1時間37分。

 【ホンネ】仏映画『ニキータ』以来、最強の女暗殺者が主演の作品も数多いが、ジェシカの表情とアクションはクールでスタイリッシュ、圧倒的な存在感が一味違う。それは冷徹な強さの中に自分の存在意義を探求する孤独な心の葛藤を見え隠れさせている点に尽きる。 ★★★(映画評論家・山形淳二)

 ★5つで満点、☆=星半分

関連ニュース